藤本昇特許事務所
藤本昇特許事務所トップページへ 沿革 当事務所の特色と組織 弁理士ガイド 資料室 地図 リンク集 サイトマップ お問い合わせ
  特許・実用新案 意匠 商標 国際分野 知財法務 知財コンサルタント 各種知財の業務内容
サン・グループトップ > 藤本昇特許事務所 > 業務案内 > 特許部
印刷用ページへ
業務案内−特許部−
特許部
手続きの流れ(特許)
手続きの流れ(実用)
意匠部
手続きの流れ
不正競争防止法ガイド
Q&A集
意匠の税関対策
商標部
手続きの流れ
Q&A集
商標法改正
国際部
外国出願のポイント(特許)
外国出願のポイント(意匠)
外国出願のポイント(商標)
知財法務部
税関対策
知財の危機管理対策
侵害訴訟とチェックポイント
知財コンサルタント部
特許部について
 当部門は、第1部(化学系)、第2・3・4部(機械・制御・ソフト系)で構成されており、開発段階を含めた出願前段階→出願時段階→出願後段階まで一貫して企業の特許出願戦略を支援する部門であります。
 また、各部には、それぞれ複数の専門弁理士が配属されており、日々質の高い業務を遂行しております。
出願前段階
 「企業の利益に貢献する広く強い権利」を獲得するためには、発明の内容を的確に把握し、企業のニーズに合致した出願戦略を遂行することが重要となります。そこで、当部門では、出願前段階(時には発明完成前段階)において、研究開発スタッフ及び知財スタッフと共に「出願戦略会議(特許開発会議)」を実践しております。

 「出願戦略会議」では、発明の内容のみならず、開発経緯、企業ニーズ、他社動向などをヒアリングし、さらに、将来の権利活用、他社の模倣、他社との紛争などを踏まえて、最もニーズに合致した出願の方向をご提案しております。尚、当部門においては、「出願戦略会議」で出願の方向を定めてから出願書類を作成するため、予め発明者に出願書類(特許請求の範囲、明細書など)の原稿を作成して頂かなくても構いません。但し、予め作成された原稿をたたき台として出願戦略を検討することもむろんあります。
 「出願戦略会議」にてその発明のご内容等をヒアリングさせて頂き、また、他社が行うであろう設計変更案等を討議させて頂いた後、当方にて出願書類を作成致します。このような「出願戦略会議」は、当部門の最重要戦略の1つであり、これまで多くの企業から高い評価を受けております。
出願時段階
 明細書を作成する段階においては、出願人の事業内容を考慮するように心がけております。例えば、クレームを作成するにあたり、どのカテゴリーが最も出願人の事業内容に対応したものであるのか、この点に注意するようにしております。例えば、出願人の販売態様に合わせて「物」のクレームを作成するように心がけております。出願人が対象商品を最終流通形態で販売するのではなく、その商品の途中の形態までを製造するような場合には、商品の最終流通形態と共に途中の形態についてもクレームを作成するように気をつけております。さらに競合他社や中国製品等の模倣対策をも考慮して作成します。
出願後段階
 出願の権利化は、出願当初からの大目的であります。当部門では、これまでに多種多様な拒絶理由案件並びに審判事件を扱っており、その蓄積されたノウハウを活かした対応が可能であると考えております。また、重要な出願については、審査官や審判官との面接が有効であるか否かを十分に検討し、有効であると判断した場合、積極的に特許庁へ出向いて審査官や審判官との面接を行うことも、当部門の特色です。さらには、他社侵害品がらみの出願等については、早期審査制度を活用して早期権利化に努めております。
 自社の特許権が侵害されていると思われるときの相談や侵害鑑定も随時お受けし、必要に応じて警告等の代理業務も行い、侵害紛争処理を行っております。また、当事務所は、複数の弁護士と提携しており、侵害品の差止並びに損害賠償請求等に関して弁護士と共同して数多くの侵害訴訟の実績がございます。
 手続きの流れ(特許) 手続きの流れ(実用)
このページのトップへ
藤本昇特許事務所
ネットス
パトラ
個人情報について採用情報メール Copyright (C) Fujimoto & Partners 1998-2010. All rights reserved.
藤本昇特許事務所 サン・グループ